So-net無料ブログ作成
検索選択

LeopardはSLPサポートなし [macOS]

LeopardはSLPのサポートがなくなりました。

Finderの左の「共有」の欄にSLPで公開しているnetatalkが出てきません。
という事は、SLPクライアント機能がない。
しかも同じマシンでsambaを動かしていると、そっちのアイコンが見えるので、クリックするとsmbで繋がってしまいます。
afpとsmbのサーバは別のアイコンになるので、区別が出来る。これは進歩ですね。

ディレクトリユーティリティ.appの「サービス」のところを見ると、

Active Directory
BSDフラットファイルおよびNIS
LDAPv3
Local


というのしか出てきません。SLPがない。LocalってのはBonjourのことですかね。

Linux上で

# slptool findsrvs afp


とやっても、Leopardが見つかりません。
という事は、SLPサーバ機能がない。

AppleTalkでAFPサーバを見つける機能もなくなりました。

NetatalkユーザはBonjourで発見出来るように、AvahiかHowlを動かしましょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

トラックバック 0