So-net無料ブログ作成
検索選択

Leopard X11 その3 - Unicode対応xtermをビルド [macOS]

その2からのつづき。

[注] このページの記述は10.5.0〜10.5.1の話である。10.5.2に付属するX11.app 2.1.1のxtermはunicodeに対応している。環境変数LANGをja_JP.UTF-8にしてxtermを起動すれば良い。


Mac OS X 10.5 Leopardに付属するxtermがunicode未対応なので、
Leopardで-u8対応のxtermをビルド - Acanthopanax の日記
のページを参考にビルドしてみたが、失敗した。
調べた結果、2つの方法でビルドに成功した。

方法1) xtermのページから拾ってきたソースにパッチを当てる

上で紹介したページでは、xtermのページから拾ってきたソースを使う。ちょっと脱字があったのですが、既に修正されています。

./configure --prefix=/usr/local --enable-wide-chars --enable-i18n

configure後にxtermcfg.hに一行書き加えることになっているが、makeのときに以下のエラーが出た。

In file included from ./ptyx.h:61,
                 from ./xterm.h:281,
                 from ./button.c:62:
./xtermcfg.h:207: error: redefinition of typedef ‘fd_mask’
./xtermcfg.h:207: error: previous declaration of ‘fd_mask’ was here
make: *** [button.o] Error 1


で、調べてみると、Darwin8.0.1のときに既に問題になっていた事がわかった。このページでは方法が違う。「Xpoll.hのかわりにxterm.hをincludeしてXFD_COPYSETとSelect関数を使え」だそうだ。つまり、xtermcfg.h

#define HAVE_X11_XPOLL_H 1


をコメントアウトすればよい。
あとはmakeしてmake installすればおわり。

方法2) Appleのページのソースを使う。パッチいらず

以下のページにあるX11apps-13.tar.gzをダウンロードする。
Apple - Mac OS X 10.5 (Darwin 9.0)

# tar zxvf X11apps-13.tar.gz
# cd X11apps-13/xterm/xterm-207
# ./configure --prefix=/usr/local --enable-wide-chars --enable-i18n
# make
# sudo make install

どちらの方法にしろ、Unicode対応xtermuxtermが使える。
なお、lsの出力で「」が「」+「」に見える例の現象が発生するが、リソースでxterm*cjkWidth: trueにするか、コマンドラインオプションで-cjk_widthを付けると直った。

その4につづく


タグ:Mac OS X
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0