So-net無料ブログ作成
検索選択

Parallels Desktop 4.0 for Mac (3522) [Parallels Desktop]

Parallels Desktop (英語版)を3.0から4.0 (3522)にアップデートした。

毎度の事であるが、色々面倒。ゲストOSを起動すると、データのコンバートが行なわれる。

Windows 2000
Windows2000では、まあ、時間がかかったものの、正常にコンバートされて正常に動作した。ただし、細かい設定は色々直す必要がありました。マウスとか。

Windows 98
Windows98は、前に苦労してCD-ROMを認識させたのですが、また認識しなくなりました。[訂正]勘違いでした。ちゃんと認識してます。

MS-DOS 6.22
以前にかなり苦労して設定したMS-DOS 6.22ですが、起動の途中で止まります。HIMEM.SYSのところです。これを外せば起動出来ますが、メインメモリが少なくなって使い物になりません。また苦労しそうだな。

Fedora 9
Fedora9はちゃんと起動しますが、イーサネットがおかしくなりました。eth0として認識されていた筈が、今度はeth1になっています。別のデバイスと判断して割り当てを変えたものと思われます。GUIの設定でeth0に戻そうとしてもうまくいきませんでした。dmesgにudev: renamed network interface eth0 to eth1というのが出てます。余計なお世話です。/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rulesというファイルをエディタで直接編集したら直りました。
Paralles Toolsが使えるようになりました。これで画面のサイズ変更がちゃんと出来るようになったし、マウスカーソルも自由に動くようになりました。
ACPIに対応したので、Fedoraをshutdownするとちゃんと電源が切れた状態になります。

Paralles Desktopって、古いOSもサポートしているような事をいってますが、実際には動作確認してないんでしょうね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1