So-net無料ブログ作成
検索選択

Leopard X11 その7 Mac OS X 10.5.7で、また変わった? [macOS]

その6からのつづき

Mac OS X 10.5.7で、またもやX11.appの動作が変わってます。設定ファイルがかわっている
~/Library/Preferences/org.x.X11_launcher.plist
を読み込まなくなっている。
上記ファイルの設定内容は、
~/Library/Preferences/org.x.X11.plist
に移っている。

コピー&ペーストが変
MacアプリとX clientの間で文字列のコピー&ペーストがうまくいかない。
上記設定ファイルにコピー&ペーストに関する項目が増えている。
sync_clipboard_to_pasteboard
sync_pasteboard
sync_pasteboard_to_clipboard
sync_pasteboard_to_primary
sync_primary_on_select
これらを全て有効にしてみたら、コピー&ペースト出来るようになった。
Mac OS X 10.5.7で神アップデートを遂げるX11 - Seasons.NET
の情報によると、XquartzのX11.pkg version 2.3.3ではX11の環境設定の項目が増えている。クリックに関するものの他に「ペーストボード」という項目があるので、上記のパラメータが設定できるようになっているのか。

画面のズレ
xbiff -geometry -0-0 &
とかやったときに、前はY方向に20ドット程度ずれていたので、
xbiff -geometry -0-21 &
とか指定していたけど、これが直って-0-0でずれなくなった。
Mac OSX 10.5.7へアップデート後の不具合 - 気になる、記になる…
とか
Mac OSX 10.5.7にアップデートしたら、1920x1080に外部ディスプレイが認識される件の対処方法 - Seasons.NET
によれば、外部ディスプレイの解像度が20ドット狂う話があるので、何か関係しているのかもしれない。

DISPLAY環境変数とxhostコマンド
~/.xinitrc内で、
export DISPLAY=hogehoge:0.0
xhost 云々
と指定していたが、これが全体に反映されてないようだ。
Mac OS X 10.5.6 で X11-2.3.2.1 - lipbalm
によると、Mac OS X 10.5.6の時代にXquartzのX11-2.3.2.1を入れた時点でこの問題が起きていたらしい。
~/Library/Preferences/org.x.X11.plist

app_to_run

env DISPLAY=hogehoge:0.0;xhost 云々
とすることで対処した。

Snow Leopard X11につづく

タグ:Mac OS X
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0