So-net無料ブログ作成

Fedora 10でext4 [雑談]

次のFedora 11でデフォルトのファイルシステムとなるext4。
実はFedora 10でも以前から使えるようになっていたのですが、ちょっと不具合があって、ext4としてmountしてもext3とあんまり変わらないような状況でした。

が、カーネルが
2.6.27.24-170.2.68.fc10
にアップデートされて、ちゃんとext4が使えるようになりました。
# tune2fs -O extents,uninit_bg,dir_index -E test_fs /dev/xxx
# fsck.ext2 -pf /dev/sdb2

として、拡張機能が使えるようにしておいてからext4としてmountします。

[注1]
これをやるとext3としてmountできなくなる。後戻りできません。

[注2]
ルートのファイルシステムをextents付きのext4にする場合、mkinitrdコマンドでRAMディスクイメージをext4対応にしておかないと起動しなくなります。

[追記]
これのおかげでスムースにFedora 11にアップグレードできた。

タグ:Fedora
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0