So-net無料ブログ作成

Fedora 11のemacsが23.1.1になって文字化け [雑談]

Fedora 11でyum updateしたらemacsのバージョンが23.1.1になった。
起動したら文字化けした。

どうもemacs 23.1.1がアンチエイリアスに対応した結果、フォントまわりの扱いが変わったのが原因と思われる。
.emacs.elからフォント関係の設定を全部コメントアウトすると、一応エラーなしで起動するようになったが、full width fontの幅がhalf width fontの倍にならないので、表示がズレて困る。

フォントの選択は、OptionsメニューのSet Default Font...から行なうようだ。
VLゴシックフォントとか、さざなみフォントを試したが、やっぱり微妙にズレる。
結局、MiscFixedというアンチエイリアスのないものに落ち着いた。
ほかに良いフォントはないですかね?

[追記]
現在Fedora 14を使っているが、VLゴシックで特にズレることはない。快適。
ただしサイズを3の倍数にしないとダメ。

[追記]
やっぱりVLゴシックもダメ。「#」の横幅が少し広い。今度はさざなみを試している。これはアンチエイリアスじゃないので、大丈夫かも。



タグ:Fedora
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

トラックバック 0