So-net無料ブログ作成
検索選択

AFP3.4とGSSって何だろね [Mac OS X]

OS X 10.8.2をasip-status.plで調べた例です。
$ asip-status.pl macchon
AFP reply from macchon:548
Flags: 1  Cmd: 3  ID: 57005
Reply: DSIGetStatus
Request ID: 57005
Machine type: iMac12,1
AFP versions: AFP3.4,AFP3.3,AFP3.2,AFP3.1,AFPX03
UAMs: DHCAST128,DHX2,Recon1,Client Krb v2,GSS,No User Authent
Volume Icon & Mask: No
Flags: 
    SupportsCopyFile
    SupportsChgPwd
    SupportsServerMessages
    SupportsServerSignature
    SupportsTCP/IP
    SupportsSrvrNotifications
    SupportsReconnect
    SupportsOpenDirectory
    SupportsUTF8Servername
    SupportsUUIDs
    SupportsExtSleep
    UnknownBit12
    SupportsSuperClient
(後略)


OS X 10.7 Lion以降でAFP3.4、UAMsのGSS、Flagsのbit12が新しく加わりましたが、長い間不明でした。
2012/12/13にAppleのドキュメントがアップデートされて、AFP3.4の仕様が明らかになりました。

Apple Filing Protocol Programming Guide
Apple Filing Protocol Reference

AFP 3.4
Introduced in OS X v10.8. Changes the error code mapping so that the POSIX error code ENOATTR maps onto the kFPItemNotFound AFP error code. (In previous versions, an ENOATTR on the server side produced a kFPMiscErr AFP error code.)


AFP 3.4というのは、エラーコードが1つ変わっただけでした。POSIX準拠のための仕様変更だそうです。
なお、このドキュメントではAFP3.4は10.8で加わったことになっていますが、実際には10.7からです。
Netatalkはバージョン3.1.1よりAFP 3.4に対応しています。

UAMsのGSSは未だ不明です。名前から想像するにKerberos関係ではないかと思います。
Flagsのbit12も不明のままです。
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。