So-net無料ブログ作成
検索選択

Ana Popovic - Can You Stand the Heat [音楽]

アナポポかあちゃんの新作です。
発売直後に発注したのに届くまで3週間かかった。最近はCDの生産量が少ないのかね。

Can You Stand the Heat

Can You Stand the Heat

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Artistexclusive Rec.
  • 発売日: 2013/04/25
  • メディア: CD



個人的意見としては、今年最高です。
黒人色に彩られたブルースロックとでもいいましょうか。バックバンドがほとんど全部黒人。
ファンクだったり、フュージョンだったり、色々。
ブルースも黒人音楽がルーツなので元々相性がよいといえばそれまでですが、アナポポビッチの音は白人ブルースロックであり黒人色は薄い筈です。
それでも見事に噛み合っているのがすばらしいです。

JB的なFunkを考えた場合、それなりにメロディがあるのはボーカルぐらいで、楽器は全部リズム刻んでるだけですよね。ギターも単なるリズムギターでしょう。
このアルバムの場合ですが、ちゃんとリズムギターがいます。
それとは別に主役としてAna Popovicのギターがあるわけですが、このギターが一種のボーカルとして機能してるんですね。
ジェームスブラウンとかアレサフランクリンの歌をブルースギターに差し替えた感じとでもいいましょうか。

Ana Popovic - Can't You See What You're Doing To Me


Ana Popovic - Mo' Better Love

Ana Popovic - Can You Stand the Heat



よく考えたらキザイアジョーンズもブルースとFunkを融合してBluefunkなんて造語を作ってましたが、アレとは方向性が全く逆だねえ。
タグ:Ana Popovic
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。