So-net無料ブログ作成
検索選択

Earth, Wind & Fire - Now, Then & Forever [音楽]

なんと! Earth, Wind & Fireのニューアルバムが出ていた。びっくり。

Now, Then & Forever (Int'l Deluxe 2CD)

Now, Then & Forever (Int'l Deluxe 2CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Legacy Recordings
  • 発売日: 2013/09/17
  • メディア: CD


さっそく購入して2回聴きました。
その直後に朝日新聞の夕刊をみたら、3面にニューアルバムの記事が載っていました。
「黄金期のサウンド充満」という見出しである。この記事の内容は妥当です。
だいたい誰が聴いても同じ印象だと思うので、この記事には書かれていないことを述べようと思います。

さっき、Wikipediaのアース・ウィンド・アンド・ファイアーの項を確認したんですが、アルバムの説明がちょっと雑ですね。残念です。
私の知る限りのEW&Fの歴史は、以下のようになります。

1st 〜 2nd - マニアックすぎて売れない。
3rd 〜 - 弟以外ほぼ全員メンバー入れ替えたら、売れてきたー!!!
All 'n All - かなり売れてきたー!
I Am - 流行しているディスコサウンドを入れてバカ売れ。David Fosterもイケてるぞ!
Faces - 勢いに乗って2枚組作ったら、ハズレ。
Raise! - 再びディスコ調を取り入れたらアタリ。
Powerlight - 時代に合わせてエレクトリックを取り入れたけど、リスナーの反応はイマイチ。(個人的には大好きです)
Electric Universe - 更に発展させてエレクトリック化。ホーンセクション排除。リスナーが離れる。(個人的には大好きだが、ホーンは抜かなくても良かったかも)
Touch the World - 前作がコケたので、しばらく休んでから発表。このアルバムで原点回帰。もう昔のリスナーは減っている。
Heritage - もう、思い付くことは全部やっちゃったので、外部のミュージシャンの協力を得る。MCハマーとかね。つまり従来のEW&Fの音から遠くなる。
Millennium - 外部のミュージシャンの協力を得る方向性を続行。プリンスとか。
Avetar - 色々工夫してるみたいだが、イマイチ伝わらない。
Promise - 更に伝わらない。年齢のためか、妙に穏やかだ。
Illumination - 再び外部のミュージシャンの協力を得る。Black Eyed Peasのwill.i.am等の今っぽい人まで登場。良いか悪いかは別として、EW&Fに聴こえない。モーリスホワイトが参加してる最後のアルバム。
Now, Then & Forever - モーリスホワイト不参加。原点回帰

つまり、良いか悪いかは別として、絶頂期を過ぎた後もずっと前進しようとしていたわけです。いよいよネタが尽きたときは、外部ミュージシャンの協力を仰いで前進しようとしています。
そして、原点回帰するのは今回が二度目です。一度目の原点回帰、つまりTouch the Worldは売れなくなった後の復活が目的だったでしょう。
今回の原点回帰は違うと思います。いまさら大ヒットを目指すはずはないでしょう。モーリスホワイトが遂に不参加になったのが原因でしょう。ラルフジョンソンがモーリスホワイト風の歌い方でメインボーカルを担当し、そこにフィリップベイリーが絡む曲もあります。モーリスホワイト不在のアルバムで、モーリスホワイト風のアルバムを作ったんです。長年のファンに捧げると同時に、モーリスホワイトに捧げるアルバムなのだと思います。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

dokins

アルバムタイトルのGoogle検索でたどり着きました。
アースの歴史の総括、完璧すぎて感動しました。
ニューアルバム、買ってみようと思います!
by dokins (2013-11-13 09:25) 

HAT

どういうわけか上位に表示されてますね。
2CDセットはいらないですね。2枚目はただのベスト。

by HAT (2013-11-14 03:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0