So-net無料ブログ作成

生ギター主体のインストバンド Inlak'esh [音楽]

UKにInlak'eshという生ギター主体のインストバンドがいて、気に入っています。

サーフィンミュージックのように聴えたり、スカやレゲエに聴えたりしますが、ラテン系の演奏にも思えます。

Inlak'esh - Mind Your Streggae


Inlak'esh - Tango de la Muerte


このバンド、生ギターでミザルーを演奏していて、これまた面白いです。

ただし、結構な速弾きですが、ちょっと不正確なのでメジャーデビューは無理でしょうねえ。

Inlak'eshとは別にInlakeshというバンドがいますが、環境音楽バンドなのでお間違えのないように。

※「インラケシュ」とはマヤ文明の挨拶だそうです。

タグ:Inlak'esh

紅白の花 (名前がわからない) [はっぱ]

紅白の花 (名前がわからない)
先日植えた花。名前がわからない。誰か教えて。
タグ:はっぱ

[Bug] Netatalk 3.1.8に接続できない (パッチあり) [Netatalk and Samba]

Netatalk 3.1.8の起動時にネットワークをうまく認識せず、以下のようなログが出てクライアントから接続できないバグがあります。(Netatalk 3.1.9で修正済)
afpd[4234] {dsi_tcp.c:409} (error:DSI): dsi_tcp_init: no suitable network config for TCP socket
afpd[4234] {afp_config.c:190} (error:Default): no suitable network address found, use "afp listen" or "afp interfaces"
afpd[4234] {main.c:327} (error:AFPDaemon): main: no servers configured


この現象はIPv6を無効にしているときに発生します。
既にBug #606として登録されており、ここにあるパッチを当てることにより解決します。
netatalk / Bugs / #606 listening on IPv6 wildcard address may fail if IPv6 is disabled

パッチを当てていない場合の回避策は、以下の設定をすることです。
  • afp.confの[Global]セクションにてafp listenオプションでサーバ側のIPアドレスを指定する
  • afp.confの[Global]セクションにてafp interfacesオプションでサーバ側のインターフェース名を指定する

設定例1)
[Global]
afp listen = 192.168.0.1

設定例2)
[Global]
afp interfaces = eth0

タグ:netatalk

インドのバンド Skinny Alley と Pinknoise [音楽]

最近気に入っているバンド、Skinny Alley。

SKINNY ALLEY - TERRIFIED

最初、ブリティッシュかと思ったんだけど、演奏をよく聞くとタイム感が違う。ましてや黒人系でもない。実はインドのバンドでした。でもインドっぽくないよねえ。アジアのタイム感なんでしょうねえ...

お勧めのアルバムはコレ。全曲フルで視聴可能。しかもメールアドレス登録で無料ダウンロード可能。
SKINNY ALLEY - Songs From The Moony Boom
Songs From The Moony Boom

なお、このバンドは既に活動停止していて、メンバーを多少変えてPinknoiseというバンド名で活動中。

PINKNOISE - dollar $cience

ちょっと方向性を変えていて、エレクトロニックを強調している模様。エレクトロニックで今更新しい音楽が登場するわけでもないので、むしろレトロに聞こえなくもない。

この曲が入っているアルバム。有料だけど、言い値でOKという太っ腹。
PINKNOISE - The dance of the diaspora
The dance of the diaspora

このアルバムより前のライブアルバムは、エレクトロになる前の音である。これも気に入っている。メールアドレス登録で無料ダウンロード可能。
PINKNOISE - Quirkwork
Quirkwork

バリ島 [幕之介13シリーズ]

仕事の依頼を受けた究極のスナイパー幕之介13はバリ島へ飛んだ。

ホテルに入ると、こんな感じだ。
Grand Hyatt Bali

部屋はこんな感じだ。
Grand Hyatt Bali - Room

空が青い!
バリの空は青い

バリの海。
バリの海

乾季だったので、全然蚊がいない。これ重要。

依頼人に会う前に、幕之介13はまず飯を食った。
ナシゴレン
ナシ・ゴレンうまい。あと、ナシゴレンの米を麺に変えたのをミー・ゴレンという。
ナシ・ゴレンとミー・ゴレンを交互に延々と食った。店によって味が違うので、まったく飽きない。

次に幕之介13はビールをチェックした。
バリのビール
インドネシアにはBintang、Anker、Bali Haiの3社がある。支配的なのがBintangビールで、どのレストランに行ってもこればっかりである。味は穏やか。Bintangにはラドラー (ビールをレモネードで割ったやつ) もあって、太陽の真下で飲むと、これまたうまい。
Ankerはかなりマイナーなビールで、探さないと見つからない。味はBintang同様穏やかです。
Bali Haiもマイナー。サンミゲルとかチンタオに近い味。
あと、写真に撮ってないけど、黒ビールもあってうまいよ。

JKT48の本場のポッキー。メンバーのシールが付いてくる! 味は日本のより甘ったるい。あんまりポキっと折れない。
JKT48のポッキー

ジャコウネコのフンのコーヒー。まだ飲んでない。
ジャコウネコのコーヒー

ホテルの部屋のベランダにいた鳥。カワセミの仲間?
バリの鳥。カワセミ?

ホテル中でチョロチョロしているリス。
バリのリス

ケチャも観たよ。


というわけで、知らない間に任務を遂行した幕之介13であった。
つづく...

Hollywood Vampires [音楽]

なんだかとっても久々に、「正しいロック」を聴いた気がする。
アリス・クーパーとかジョニー・デップがいるバンド。

Hollywood Vampires - Whole Lotta Love

冒頭のハーモニカからして、シビレる。

Hollywood Vampires - School's Out/Another Brick In The Wall Pt. 2

この2曲を違和感なくメドレーにするとは。

Mavericks以降同士のファイル共有はSMBが優先 [Netatalk and Samba]

OS X Mavericks以降同士のファイル共有はAFPよりもSMBを優先します。

続きを読む


nice!(4)  トラックバック(0) 

Samba 4.3.xはSpotlight対応 [Netatalk and Samba]

AFPにはSpotlight検索という機能がありますが、SMB上で検索をするときもAFPと同じ方法を使います。つまりSMBを独自拡張しているわけです。Netatalkでは既にSpotlightを実装しており、これがSamba 4.3.xに移植されました。SambaのWikiに解説があります。
Spotlight - SambaWiki

あかえぞ松 [はっぱ]

あかえぞ松
盆栽買っちゃったよ。
2000円のところ、特別サービスで1500円。それって、言い値だろ。
高いか安いか全然わからん。
そもそも育て方が全くわからん。

あかえぞ松 2013.05.12
調べてみると、盆栽というのは「針金かけ」なることをするのだな。
順調に育っているので、やってみる。
ちょっとバランスがよくなったんでないか。
あかえぞ松 2014.05.05
一年経過した。木だからそれほど成長しないね。でも葉っぱは増えたよ。
あかえぞ松 2015.05.30
冬の間に葉っぱが沢山落ちてヤバいことになったので、自作の鉢に植え替えた。元気になってくれ!!!
タグ:はっぱ

B.B. King & Eric Clapton - Help the Poor [音楽]

B.B. King & Eric Clapton - Help the Poor

この泥臭さがたまらぬ。
R.I.P.

盆栽の鉢をつくる [雑談]

2年育ててるあかえぞ松ですが、冬の間に葉っぱが沢山落ちてちょっと弱っている。
植え替えしようと思うんだけど、なかなか丁度いい鉢が見つからないので、自分で作ることにした。
伊豆高原にてびねり陶芸ができるところがある。ここは以前にも行って幕之介の置物を作ったことがある。

粘土1kgをコネてつくる。
粘土 1kg

ほぼ完成。まあ、鉢っぽいでしょう。このあと、底に穴を開けたよ。
盆栽の鉢 完成

妻の作品はコレ。サラダとか煮物いれるといいんでないか。
三角小鉢

[追記]
2015.05.30
焼き上がりが届いた。
焼き上がった

Laurneá - Universal Love [音楽]

Laurneá - Universal Love

しかしアレだな。この人の曲は不思議だな。
  • どこがサビだかよくわからぬ
  • どれがメインボーカルだかよくわからぬ


タグ:音楽

ナデシコ [はっぱ]

例年は日々草を植えて春から秋まで楽しんでいるが、今年はナデシコを植えてみた。
ナデシコ
よく知らないけど、11月ぐらいまで咲いてるって書いてあったから買ってきたよ。
タグ:はっぱ

ヒヤシンス [はっぱ]

2009年に水栽培だったヒヤシンスが、庭で開花。
ヒヤシンス

[2013.03.24追記]
横からちっこいのがでてきて、全部で5つ。買ったときは2つだったのに。
ヒヤシンス2013.03.24
雑草も絶好調だな...

[2015.03.28追記]
さらに増えて今年は6つ。
ヒヤシンス.2015.03.28
ヘデラを植えてあるので、もう雑草はない!
タグ:はっぱ
nice!(4)  トラックバック(0) 

音楽プレーヤ PowerAMP のジャケット(アルバムアート)の扱い [Android]

Android用の音楽プレーヤ PowerAMPは、アルバムアートを自動的に取り込んでくれるのはありがたいが、結構間違っている。一度間違うと長押ししても直らないケースが多い。
それを直す方法を紹介します。
(注)ここでは埋め込みアルバムアートは一切扱っていません。

[PowerAMPの仕様]
たぶん、以下のような仕様だと思う。

画像がキャッシュされる場所は、ここ。
/sdcard/Android/data/_com.maxmpz.audioplayer/
この下の3つのディレクトリに画像キャッシュがある。
album_art/ (プレーヤ画面の大きい画像)
micro/ (リスト表示の「ライブラリ」の小さい画像)
selected_aa/ (長押しで選択される優先的な画像)

ここでの画像ファイル名のルールは、次の通り。
アーティスト名 - アルバム名.jpg
ただし、アーティスト名やアルバム名にFATファイルシステムで扱えない記号が含まれる場合、「_」に置換される。

音楽データが入っているディレクトリにCover.jpgAlbumArt.jpgという名前でジャケット画像を置いておけば、これを優先させることが出来る。

[正しい画像にする方法]
間違った画像キャッシュを全部消して、正しい画像を自分で用意し、それを優先させればよい。

まず、PowerAMPの設定で、
ダウンロード済アルバムアートを優先」をチェックしない。
フォルダ内イメージを優先」をチェックする。

次に、album_art/micro/にある間違ったファイルを消す。
ついでにselected_aa/にあるファイルも紛らわしいので消す。
音楽データディレクトリのalbumart.pampも消す。これはフォルダ表示のときの画像キャッシュであったが、既に廃止されているので全く必要ない。

そして、正しい画像を用意する。(インターネットで適当に探すか、自分で撮影する)

正しい画像を、音楽データが入っているディレクトリにCover.jpgまたはAlbumArt.jpgという名前で保存する。(ファイル名はたぶんcase-insensitive)

これを行なうと、あらゆる場面で正しい画像が表示されます。
micro/ディレクトリに縮小画像が自動生成されるので、リスト表示で同じジャケットをみることが出来ます。album_art/selected_aa/には何も生成されないのでスッキリです。

画像を自動取得する機能自体が気に入らないのなら、「アルバムアートのダウンロード」のチェックを外します。
タグ:Android

Pink Floyd - The Endless River 買った [音楽]

Pink Floyd のラストアルバム The Endless River を買って6回ぐらい聴いた。
The Endless River
全く期待してませんでしたが、意外と良いと思いました。

予めアナウンスされていたことですが、前作 The Division Bell 製作時のセッション音源を発掘してニューアルバムとして仕立てた作品です。つまり20年前の音源です。これを新作と考えてよいのでしょうか?

このアルバムは20年前の音源そのままなのか? それとも、今になって大幅な加工を加えたものなのか? 前者ならThe Division Bell直前の「旧作」だし、後者なら「新作」です。

ヒントは2つ。

1つめはデラックスエディションに付属しているビデオです。
これには20年前のセッション映像が収録されていますが、CDの音とそっくりです。従って、大幅な加工は加えられていないことが確認できます。

2つめは、以前から出回っていた海賊盤 Secret Rarities です。
Secret Rarities
これは、A Momentary Lapse of ReasonやThe Division Bellのデモ音源やアウトテイクの流出モノを集めた盤です。この盤自体はものすごくツマラナイのですが、The Endless Riverと同じ曲が収録されており、The Endless River収録の曲とほぼ同じ音なのが確認できます。やはり大幅な加工は加えられていないことがわかります。

Pink Floydは、時間をかけて練りに練った緻密な曲を作るバンドです。少なくともDark Side of the MoonからThe Wallまではそうだったでしょう。では、A Momentary Lapse of ReasonとThe Division Bellはどうだったでしょう。海賊盤Secret Raritiesを聴いて判明しました。Secret Raritiesは極めてツマラナイのに、A Momentary Lapse Of ReasonとThe Division Bellは十分に聴ける内容に仕上がっています。かなり練った証拠です。

では、今回のThe Endless Riverはどうでしょうか。
20年前の練る前の音源がほぼそのままリリースされているわけですから、緻密さとか緊迫感はありません。軽く聴くとツマラナイと思います。しかしながら、実際には結構聴けます。これは、沢山の曲を流れるように繋いだ効果だと思います。それぞれの曲はたいしたことないですが、繋ぎ方が絶妙です。これぞPink Floydの醍醐味。コンセプトアルバムではありませんが、組曲として成立しているので結構聴けるのでしょう。あと、ステレオ感も絶妙ですねぇ。これは20年前にはなかった現在の技術を投入したんでしょうねぇ。たぶん。

思えば、A Momentary Lapse Of ReasonとThe Division Bellはそれぞれの曲は練られていても、曲間がブツ切れなので興ざめしました。The Endless Riverは興ざめしません。

あと、ギルモアのソロじゃないかという人が結構いますが、実際にはライト色も強いです。これはライトのソロ作を聴けばわかること。
タグ:Pink Floyd

Pentatonix - PTX Vols. 1 & 2 [Japan Edition] 買った [音楽]

Pentatonix - Daft Punkのメドレー

このPentatonixなるアカペラグループの完成度が異常に高い。
生演でもこのレベルを維持できるのか?
気になるのでYouTubeで何曲か調べたところ、本当にうまいみたいだ。
というわけで、CD買った。4回聴いた。

PTX Vols.1&2(ジャパン・エディション)(期間生産限定盤)

PTX Vols.1&2(ジャパン・エディション)(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: CD


日本盤は、既に本国で発売されているPTX Vol. 1とPTX Vol. 2をまとめている。更にCD初収録曲が多数でオトクだそうだ。色々なミュージシャンのカバーが多数。最近のヒット曲が色々聴けます。ただし昔の定番曲なんてやらない。感性が若くてよろしい。最後に日本盤のみの「れりごー」が入っている。

で、感想。
曲によって完成度にバラツキがある。
CD用に録音された曲は完璧。凄いです。それ以外はYouTube公開用だかで、ラフに歌っている。あんまり気合いが入っていない。一番最後の「れりごー」はユルいわー。

子宝草 [はっぱ]

長年育てている子宝草。6月撮影。
子宝草 2014.06.13
はっぱのフチに新しい芽が沢山できて、それが下に落ちて、どんどん増えます。
強烈な繁殖力のため、「子宝草」と呼ばれています。
右が育ったやつ。左がちっこい芽。
これが10月には、ここまで育った。
子宝草 2014.10.02

長年、可愛い可愛いと育ててきたが、冷静な目でみると結構グロい。なんで可愛いんだろう。

この調子だと10年後には地球の表面が子宝草で埋め尽くされているだろうと予想していましたが、一向にその気配がありません。
鉢に植えておくとドンドン成長しますが、他の植物と一緒に植えると負けてしまうようで、ほとんど育ちません。

Apple IIe [幕之介13シリーズ]

Apple IIe
私は誇り高きApple IIe。 MacやらiPhoneやらの下劣な若造とは比較して頂きたくない。